.jpeg

寄せ鍋の餌食

今年の夏

蛾を撮る時は随分と心に余裕がある。蛾に興味を持てるくらいにご機嫌、という訳だ。ほぼ毎日6:28の電車に乗るが、この日は一本前の18分の電車に乗れた。 蛾なんか撮っちゃった自分に酔いながら、最寄駅を後にした。 甲状腺がでかいことを教えるために 勢いよ…

やり場のない気持ちは黒胡椒にんにくに向かう

リビングが父の部屋の延長線になっており、ズボン、Yシャツで散乱。薬を全部開けた抜け殻が散乱。パンの留め具が散乱。パンくずが散乱。あと一番理解に苦しんだのは、洗濯機の存在を失念しているのか、立派目な紙袋に使用済み靴下が積み上がっていたこと。使…

目立たなくてよく見ないと何なのかわからない、よく見ても何なのかわからないTシャツがほしい

朝起きて雨が降ってなかったので二駅くらい歩いてやろうということで、どんどん前に進んでいると腕の痒さを覚えた。腕に目をやるとやっぱり虫がいたと思って払おうとしたらボールペンのインクついちゃっただけのやつでした。 おたんこなすなんでこの一連の流…

尿意を仕留める方法

仕事休憩中の超絶どうでも良い話をします。 少し長めの腰掛けに日陰と日向の境目があって、日陰におじいさん、日向におばあさんが座っていました。 耳を傾けてみると、おじいさんは暑さを気にしておばあさんに「もっとこっちに来なさいよ」と声をかけていま…

腰抜けの靴下はかかとに穴が空く

素人の研究社で「なんかいい」写真の記事が一昨日くらいに上がったことがあってなのか、自分が心の中で良いと思ったものだけが妙に大きく見えてしまう人になった夢を見ました。 どうか勘違いしないで頂きたいので補足をすると、その日まあ印象に残ったことと…

終わった脳髄

仕事場に週六日通うとしたら残りの一日は自ず休みになりますが、この一日も仕事に行ってしまえば週七日仕事に行ったことになります。スタンプラリーで全部スタンプ集められたような感覚に味をしめたのか、長いことこれをやって生きてました。あと単純に一日…

親父とじゃがいもの味で通じたい

親父のことはたまにすごい気になる。さっき最寄駅で久しぶりに見かけてしまった。数ヶ月前は松葉杖をついていて、今日は杖をついていた。どうなっているかは知っている、足が腐敗しているのだ。ちゃんと喋ったのはもう、いつの話だろうか。そもそも生まれて…

野放し

こいつのすべてがずっと怖い。大人になってからは若干ではあるが怖さが緩和した。でもやっぱり、怖い。こいつの絵が描かれた消しゴムを毎日(だろうか?)、写真に収めている人をTwitterで見かけた。ぞっとしたけど良い試みだと思ったし、早く全部使い切って…

頼むから死ぬな

一九九四年 誕生 こんにちは 一九九九年 突如しらみが沸いてしまう 沸きすぎ 二〇〇五年 ぐれる おらおら 二〇一〇年 手がつけられないほどぐれる ちんどんやちんどんや 二〇一三年 我に帰り赤面。同時期、甲状腺も腫れる あー 二〇一五年 甲状腺は全快、目…

四月

自分なりにオチをつけることができたとしても、せいぜい「あれ…それってもしかして……オチ……?オチだった…?」みたいな何百歩も譲ってオチかもしれないレベルのものしかかけない。オチがある文章が書けない。逃げているという表現の方が的確かもしれない。逃…

何色

皆、なぜ文字を綴るのか?私もこのように文字をサーバーに預けている、自らの生活を晒している。なぜだ??文字を綴ることは、落ち着くからか?否、落ち着かないどころか不穏な気持ちになる。なんだか悪いことをしているような気分になるところもある。 面白…

ちんすこう

無性にちんすこうが食べたくなる人は頭が腐っているそうです。 なぜなら頭が腐っていない人は無性にちんすこうを食べたくならないからです。 ちんすこう食いてえんだ 修学旅行で沖縄に行ったけれどやっぱり楽しめなくて 暇つぶしにちんすこう食ってた気がす…

かつ丼

朝起きて身体の痛みで一日が始まる。これがびっくりするくらい痛てえ。橋本病が有力らしい。人間は痛みとは対等ではないようで、じっと耐えるしかなくなる。音楽は聴けるが頭痛がしてくる。また違った種の痛てえが爆誕する。本もろくに読めない。文字を追っ…

全部吸う

吸引をする機会が増えた。病院で診察が終わった後、大抵の場合は吸引をしてからお会計という流れになる。 看護師さんに楽に息しててくださいねと言われ吸引が始まる。吸引器からはもわもわと気体がでてくる。早い段階で自分の自然な呼吸スタイルを失念する。…

得体の知れない

この家に住んでから二年経過するが、ある時から換気扇のところにいつもコウモリが挟まってないかなぜか無性に不安になって何度か確認してしまうようになる。 本当にコウモリが挟まっていたらそもそも換気扇が回らないことも分かっている。でも今日も挟まって…

社会性の上に成り立つ便所へ向かう習慣

誰しも一度は、お風呂で尿をもらしたことがあると思う。もらしたというより自らの意思で出すとかそうゆう話だ。これは鼻くそを食べたことあるのと同等の馴染みな話で、避けて通れないような道ではなかろうか。 鼻くそはあまり食べなかった。友達に勧められて…

鎖国LAN

快活CLUBの広告は笑える。ペンギンの群れをどうかそんな顔で見ないでほしい。あとは小指だけ落っことして机に指を添えるな? インターネットにつなぐ時というのは、在宅の仕事をする時、数少ない知り合いとやりとりをする時、とりあえず意味があるのかないの…

加齢によって自分を取り戻す大人たち

時間気にしながらギア1でめちゃくちゃ急いで ちゃり漕ぐじじいの心理とは。 承認欲求かは不明だが、 近くの大学病院から出てきた看護師の行列を わざわざ割くようにちりんちりん鳴らしてゆきやがった 時間気にしながらな ハンチングと良質ジャケットみたい…

食えへん.gif

…… ………… もっと食えへん ちょっと食えてる風やろ 後ろの鳩「う、うごけへんわ…」 終り

悦びの赤いぶつ

穴。 向こうにも穴あった。 なんかわかんないけど切なかった。 母とスーパー銭湯に行った。 「ほくろ多いの、悪かったね」 となんか謝られたから 「まあ仕方ないよね」 やんわりいいよと返す。 後ろでおばさんが片目を開けて どんなもんかなみたいに こちら…

in Bubaigawara station

どどどどどど、ど、、ど、ど、 ど、ど、どっかーん!!!!!?!! ごごごごごごごごご ご ご ご うおおおおおおおおおおおお!! お お前は誰なのだ?????? ででででん!!!!! 誰だかわからないお前は、 誰だかわからない亀のような物体などと い…

「書き下ろし」

書き下ろし - Wikipedia 書き下ろし(かきおろし)とは、小説などが新聞や雑誌などへの掲載を経ずに直接本として出版されること、またはそのような作品自体を指す。 いいかえると、その本によって初めて作品が世に出たことになる。 出版関連の用語であり、「…

サブカルチャー寄りの現代はギャルを求めている

なんだか日本、おしゃれになってきている? だささが足りない? なんだろうか、サブカルチャー寄りになると 「芸術!美術!」 とか 「美!美!」 とか 「美、美美美美美美美美!!!!!!!!!!!美ーーーーーーーーー」 とかそうゆう風になりがちだ。 人…

保守の五日間

三月五日(月) まぐろのたたきパスタもらって嬉しかった。 三月六日(火) めんたいこパスタもらって嬉しかった。 三月七日(水) 文学フリマのミーティング。 人に久しぶりに会ってそわそわした。 おしっこに行くという旨を伝えるだけでも緊張した。 個室…

ボボボーボボーボボ

〜〜〜〜〜〜乳製品売り場〜〜〜〜〜〜 なんかおみくじ引くみたいだった 奥のブルガリアの真ん中抜いた人の緊張感残ってる 「ブルガリの嫉妬」 下らな みんな笑ってる ア 〜〜〜〜〜〜ソーセージ売り場〜〜〜〜〜〜 ソーセージ売り場、荒れるのなんか分かる …

ほしゅんぽ

うさんぽがあれば 保守人間による散歩、 ほしゅんぽもある。 「お盆を持ちながらモナカ食べてこっちみて」 指示を忠実に守る女子。 お盆の角度とかも指示があったに違いない。 作りものでも楽しけりゃいいんだ。 ▼ 「あの人数時間前うんこしたお尻してる」 …

鼾を奏で、屁で返す

最近やっと、自分が結構な貧民であることに気付きました。 あとはこれはもう言わずもがな、 精神がちょっとあれですね。 でもみんなも絶対おかしいです。 ・自分だけがおかしいわけはない ・みんなおかしみをそれぞれ少なからず抱えている というのが生きて…

良い夢みてね

お腹空いてきたから女二人作った 困り顔そこそこ可愛いけど口が単純になっちゃう女 男ぽい目つき悪いけどこれでもかってくらい情厚い女 よく見たら情厚い方目と髪の毛絡まっちゃってる でも黒目小さくて可愛いから普通に口単純な方の負けだな。まつ毛長すぎ…

たぶんスケベはミントとかである

島田雅彦の小説やエッセイには必ず”オナニー”という単語が出てくる。 そして主人公には自慰の場が複数回設けられている。 どんな心境から自慰に至ったかが日記形式で描かれている小説。 また今日もしちゃったから明日はしない!っていう 後悔から決意までの…

中古ショップでハロー・グッバイ

うんうん。 そっかそっか〜。 あはは〜だよね〜。 ここ気になるよ、なんか。 こだわりなのかな。 こだわってるね〜。 中古品にたどり着く流れを語る時の謎の大爆笑 「濱田マリに動きが似てるね」 と言われたことがあります。 youtu.be 濱田マリはチャーミン…