.jpeg

寄せ鍋の餌食

何色

皆、なぜ文字を綴るのか?私もこのように文字をサーバーに預けている、自らの生活を晒している。なぜだ??文字を綴ることは、落ち着くからか?否、落ち着かないどころか不穏な気持ちになる。なんだか悪いことをしているような気分になるところもある。

面白い文章を読んでは、ああ、こいつもあいつもどいつも面白え。まあ面白いことで溢れかえっている。隣の芝生を超えて辺り一面、世界が青い。私は肌色、皆真っ青。大丈夫だろうか、正気だろうか?

 

そんな真っ青な世界観を持つ弱者、なぜ文章を書くのか。さらに書くことで青さに拍車がかかりそうな雰囲気もある。が、実際そんなことはなく、不思議なことにその真逆に近い。

書き出したら終わりを作らないことには文章が一生終わらない。書いてる内、なんやねんや書くなら面白いことかいたろな?と訳のわからぬ意志なども湧き出でる。まあ何より、文字を綴る時はなんとなくだが、弱くも強くもいられる気が、ちょっとする。中性になれる気が、ちょっとだけする。それらが思い上がりだとしても、少なくとも気分だけはまちがいなくその方向性に浸れる。そんでもってなぜか社会性に乏しくなる。

 

f:id:wadakamaris:20180424204406j:plain

 

さっきちょっと嘘をついたのだなあ、私は肌色ではなく黄色だ。嘘みたいな話だが、かぼちゃの煮物を一年以上毎日食べていたら黄ばんでしまった。現在は医者からかぼちゃを禁じられている。でも黄ばんで何が悪いのだろうか?「あれ君、ちょっと手が黄色いね、ははは」なんていう世間話にもなる。そこから派生して「あれ?でもあなたさまの手は、ちょっと荒れすぎてますね、ふふふ」なんてちょっと日頃の苦労を労うことだってできる。

 

まあ、毎日食べていたものがなくなるのは辛い。かぼちゃは辞めることに決めた。

 

でも

f:id:wadakamaris:20180424203949j:plain

f:id:wadakamaris:20180424204018j:plain

f:id:wadakamaris:20180424204038j:plain

やっぱり

f:id:wadakamaris:20180424204100j:plain

やっぱり

f:id:wadakamaris:20180424204137j:plain

 でもやっぱり

f:id:wadakamaris:20180424204158j:plain

f:id:wadakamaris:20180424204226j:plain

やっぱり

f:id:wadakamaris:20180424204252j:plain

 

「毎日同じものが食べたい」

 

食べたいものを食べるのが一番健康で最高。ケーキは大丈夫だ、色々な色がある。黄色だけでない点、医者に示しがつく。ただ珈琲は焦茶一色だが大丈夫だろうか?

 

あとたまにケーキを食べに行くスターバックスのことなんだが、オーダー通す声がでかすぎる。誰も聞いてないってことは分かっている。が、これから人が何を飲むのかをあんなにも大声で言わんでも良いのではなかろうか…。食べるもの飲むものにも守秘義務があって欲しいな?どうか。

 

 

 

f:id:wadakamaris:20180422210200p:plain

 

あらいはま2号は税込3240円