.jpeg

寄せ鍋の餌食

四月

自分なりにオチをつけることができたとしても、せいぜい「あれ…それってもしかして……オチ……?オチだった…?」みたいな何百歩も譲ってオチかもしれないレベルのものしかかけない。オチがある文章が書けない。逃げているという表現の方が的確かもしれない。逃げているという表現だと、さも、オチなんていつでもつけられますよ的な傲りがあるが、そんな余裕はない。

 

私の文章のだいたいはいきなり始まりいきなり終わる。これは読み手にとってもう辛い辛いだ。まあ良いんだ、もう。できないことはやらない。オチは作らない。オチのことは、オチを作るのが上手な人に任せた。人は自分のできる範囲のことしか手を出さないのが賢明だ。

 

最近は暖かくなってきたので、体調が良い日は歩くようにしている。散歩してると、おかしさが街に溢れていることに気付く。やっぱり人間はおかしいところがあるので、気を抜いたらそれが漏泄するみたいだ。人間が作ったものとかも結構おかしい。このおかしいを記録する行為は、オチを用意できないような下等人間でもできるんだ。あと写真は便利。言葉なくても補えるから。

 

とりあえず、四月が終わってしまいますので四月の散歩。

 

f:id:wadakamaris:20180426203530j:plain

会場、閑散としてたけど良い感じでした。

 

f:id:wadakamaris:20180426204258j:plain

すごいわかりやすい店名。

 

f:id:wadakamaris:20180426204338j:plain

ちょっと店内みたらほとんどひなびたり焼けたりしていた。

 

 三

f:id:wadakamaris:20180426204813j:plain

良い感じのお店に囲まれる異質なラーメン二郎

最近は食べなくなったけど増し増し好きでしたね、私は。

f:id:wadakamaris:20180426204942j:plain

二郎は並ぶのが定番ですが、この二郎は本当に立地が異質で、のどかな雰囲気の空き地の前に行列ができるんですよね。ネコが来るのか、水受けが用意されてました。

 

f:id:wadakamaris:20180426213559j:plain

オレンジジュースの触覚みたいなのがすごい汚かった。

 

 

f:id:wadakamaris:20180426213659j:plain

このパフェを見て、さっきの触覚がさくらんぼのものだと発覚。さくらんぼはもう色を失ってる。役目をなしてない。チョコレートソースのかかったバニラアイスの夢のなさもすごい。

 

 

f:id:wadakamaris:20180426213915j:plain

もう本当に売る気あんのか?っていうサンプル。何浮いてんだろ

ストロングコーヒーは手抜きしたのか空っぽ。

 

 

f:id:wadakamaris:20180426213839j:plain

コップだけ上等なのなんかイラっとしませんか。

 

 

f:id:wadakamaris:20180426214121j:plain

看板の上の絡まり具合が、全てを語ってくれていますね。

今度はお店に行ってきます。

 

f:id:wadakamaris:20180426204434j:plain

これはKUMONをたたんだドイツ語教室ですね。

ただ、英語と算数数学、国語も一応ならえるのですかね?

とりあえず電話を頂戴ねという感じですかね?

 

 六

f:id:wadakamaris:20180426204213j:plain

なんですかね?

 

f:id:wadakamaris:20180426203931j:plain

兎に角ありとあらゆる材質で何かを隠して守ってる。

かっこよいでした。

f:id:wadakamaris:20180426204037j:plain

この細い長い棒はよくわからんですね?

ガムテープで情けなくも一応は固定されてました。

 

f:id:wadakamaris:20180426203636j:plain

もうちょっとで速度四〇になる道路。

がんばれ!!

 

f:id:wadakamaris:20180426204627j:plain

サドルは大事ですよね。

ワンポイントアドバイス:「全部覆えば良いのに」

 

f:id:wadakamaris:20180426203737j:plain

これはどうゆう組み合わせなんだろう。

 

十一

f:id:wadakamaris:20180426203420j:plain

夜。カニから水が溢れ出ていた。悲しかった。

 

これで四月も終わりです。悲しかった。