.jpeg

寄せ鍋の餌食

親父とじゃがいもの味で通じたい

親父のことはたまにすごい気になる。さっき最寄駅で久しぶりに見かけてしまった。数ヶ月前は松葉杖をついていて、今日は杖をついていた。どうなっているかは知っている、足が腐敗しているのだ。ちゃんと喋ったのはもう、いつの話だろうか。そもそも生まれてこのかた、ろくに喋れた記憶がない。ある程度喋っていた時期はあったかもしれないが、会話内容などは覚えていない。唯一ぱっと思い浮かぶのは、私がすいかを頬張っている横で、まるで遠い親戚なのか?というような態度姿勢表情で椅子に腰掛けている写真。あとその部屋の壁に謎の絵画がかかってたのも覚えてる。もうこの写真は捨ててしまってないと思う。

 

父は母と二人で暮らしている。彼はゲームやカラオケに時間と身を費やす姿勢を崩さない。母はゲームをする父を恥じていた。そんな母から父を守りたい気持ちが昔から少なからずあった。でも母にもテニスという趣味ができた。恥は緩和された。私はゲームもテニスものびのびやってほしいと思っている。

  

先月くらいに父から「もう十年もこの世にいないと思う」と言われたと母が言っていた。病気がちな父、入退院歴や薬の数などもすごい。ただ悪運が強いのは確かで、大動脈解離を発症した時は運が良く死に至らず数ヶ月の入院で済んだり、副腎が破裂した時は十時間近くの手術で九死に一生を得て生き延びたこともある。本当か確かめようがないが、父曰くこの手術で一回死んだらしく、魂みたいなのが抜けて自分の体を天井付近から見たと言っていた。確かにスピリチュアルですごいなと思うが、どうやって生き返ったのかの方が知りたいところだ。天井からどうやって戻ってきたのだろう。 

 f:id:wadakamaris:20180507220115j:plain

 

怖い

 

 

f:id:wadakamaris:20180507224136j:plain

 

 

 地方のキャラクターじみてるな

 

 

f:id:wadakamaris:20180507220352j:plain

 

 お前ら絶対互いに興味ねえだろ

 

f:id:wadakamaris:20180507220220j:plain

 

そら一人になりたい時もあるよな

 

f:id:wadakamaris:20180507220514j:plain

 

誰だお前は!

 

早い!!!!!!

 

 

 

良い感じで振る舞えたことも自然な会話ができたことも思えば一度もなかったかもしれない。父は私に嫌われていると思っている。めちゃくちゃにはちきれそうなくらい肥えている人を見ると親父?と何度か振り返ってしまうし、センスが皆無なハードコア的Tシャツを見つければ着てそうだなと思い出してしまう。親父はどうだろうか?そうめんが好きだった頃あたりで私に関する記憶が止まっているかもしれない。もうそうめんはどちらかと言うと苦手な部類だ。

 

 

f:id:wadakamaris:20180507221214j:plain

 

おうおう、やんのか。

 

f:id:wadakamaris:20180507221240j:plain

 

 

お前いつまでそのかっこしてんだ

 

 

f:id:wadakamaris:20180507221312j:plain

 

「まけたまけた」

 

ダイゴって名前むちゃくちゃに恥ずかしいな。特に意味もないし面白くもないからほんとに恥ずかしいな。

 

 

 

知的好奇心を自分自身で開拓することが基本的にないので、親父が教えてくれたゲームしかやったことがない。ポケモンは親父が教えてくれた。

 

f:id:wadakamaris:20180507230834j:plain

 

このカードゲームがどれくらいの知名度でどれくらい世の中の人にプレイされているのかは全くわからない。親父に教えて貰ったゲームで一番面白いと思う。ちなみに、これは急に思い出して8000円出してオークションで購入した。今やちょっとだけプレミアものらしい。

 

輪廻転生リバーシブルゲームという異名を持つたんばミニは、大勢でやると面白い。私には大勢の友達がいない。いつかできるだろうか。オークションで購入してから、一度もやっていない。いつかできるだろうか。

 

 

f:id:wadakamaris:20180507215707j:plain

 

「自分と向き合うを体現する真鯛」 

 

f:id:wadakamaris:20180507215725j:plain

 

魚の”ちあい”部分はとても美味しいと思う。ちあいを教えてくれたのは親父だ。母はちあいが嫌いでちあいだけを私によく恵んでくれていた。父はその時にどんな顔をしていたのかは覚えていない。

 

そうめん以外、好きだったけど苦手になった食べ物の一つにトマトがある。トマトスパゲティなんぞ絶対に食べたくない。ミネストローネなどもごめんだ。でもトマトジュースだけはうまい。なぜだ。父が作ってくれたことはないと思う。父が作ってくれたのは100%のみかんジュースだ。あと関係ないけど、一部のライブハウスのパイナップルジュースはじゃがいもの味がする。この感想に共感してくれた人は今までに二人しかいない。親父に飲ませれば、なんとなくだけどわかってくれる気がする。